IMG_1293

Tokihiko Hiramine

平嶺時彦

大正13年生まれ
上甑島里町(旧薩摩郡里村)出身
19歳 甑島に伝わる、人に災いをもたらすとされるガワシロー(河童)と遭遇する。
20歳 陸軍兵として満州へ渡る。旨に地雷を抱えて自爆する部隊が編成され配属。命令の出るひとり手前で撤収命令。その後、およそ3年間に及ぶ、極寒のシベリアでの強制労働と抑留生活。今でもロシア語を話す。シベリアで骨折、入院中の病床で文化刺繍を習う。
23歳 甑島に帰島。土木・建設業をいち早く始める。その傍ら、百姓として牛や鶏を飼い、田畑を今日まで作り続けている。
73歳 正月用の干支の置物などを作り始める。
80歳 KOSHIKI ART PROJECTを実施する孫たちと、島を訪れる若手作家に触発されて作品制作が本格化。